妊娠してても(妊婦でも)入れる医療保険・生命保険 - 妊娠中ママへ

出産の保険~まとめ~

妊娠してても入れる医療保険、妊婦でも入れる(入る方法)医療保険のまとめ!

■妊娠後でも医療保険に加入できるの?

妊娠してから医療保険に加入できるのでしょうか?という質問にたいしては、一部保険会社では「YES」です。安心して下さい。妊娠発覚後でもちゃんと医療保険には入れます。ただ、妊娠27週目までであれば「YES」の場合など、条件がつく場合もあります。

■妊娠中に入った医療保険の保障内容は?

ただ、妊娠中であることを公言しなくてはいけませんので、ほとんどの医療保険で、今回の妊娠に関する(帝王切開等の)手術等には保険が利きません…。

■今回の出産で何かあった場合にも保険料が支払われる医療保険は?

では、今回の出産で何かあった場合でも、保険料が支払われる医療保険はないのですか?という質問に対しては、一部医療保険では、妊娠○ヶ月まで等の条件付で入れるものもあります。さらには、保険料は高いですが、今回の出産のみに適用される医療保険もあります。

■今、医療保険に入らないことのリスク

今回の出産では通常の医療保険は適用されないから、出産後に医療保険に入ろう!とお考えのあなた。ちょっと待って下さい。実は今回の出産で万が一帝王切開などの手術をした場合、今後医療保険に入ることすらままならなくなります。

ということは、今医療保険に入っていない人は、これを機会に(出産前に)医療保険に入っておいた方が、リスクがずっと少なくなります。今後のためにも、今医療保険に入る検討をしましょう。

■医療保険の選び方(比較)まとめ

まとめると、妊娠後に医療保険に加入する際のケースをいくつかにまとめました。

ケース1:今回の妊娠に関する手術等でも保険料が支払われる医療保険→保険料は高くなりますが、今回の出産にも適用されるので、一番安心感はある保険です

ケース2:今回の妊娠に関する手術等では保険料は支払われない→しかし、出産に関する事以外の病気には適用される事と、今入っていれば次回からの出産時には、出産に関する保険料も支払われます。

注意点1:妊娠○ヶ月まで、正常に経過していること等の制限がつく場合がほとんど
注意点2:特定部位を保障対象外とする場合がほとんどです。

ケース3:妊娠中というのを公言せずに医療保険に入る

※実際のところ妊娠初期であれば、公言せずに通せる可能性は高く、妊娠中期以降はさすがにしらばっくれるのは難しいでしょう。リスクがあるので、お勧めはしません。妊娠中期、妊娠後期の場合は、嘘を通せないのでまず、このオプションは考えないでください。

■最後に、とても大事なこと

大事なことは、今回の妊娠では既に医療保険に入るのが遅れたから、出産後に次回の妊娠や今後に備えて、医療保険に入ろう、と思っている方は要注意だということです。

今回の出産で帝王切開等の異常分娩を経験したり、何かの手術、疾患(病気、妊娠中毒症、切迫早産、子宮内膜症や子宮筋腫)にかかった場合、それ以降は医療保険に入るのが難しくなります。

だから、例え今回の出産で帝王切開等をしても保険料が出ない保険でも、今のうちに入っておく必要があると思います。

誰でも無料で出来ますので、先ずは色々な女性向けの医療保険を資料請求してみましょう。そして、医療保険や健康保険の保険適用範囲(病名、補償範囲など)、持病がある、喫煙していたなど、気になるところは是非お問合せをして最新の条件を恥ずかしがらずに聞いて比較選択をしてくださいね。

★オススメ★
女性のための入院保険「フェミニーヌ」

●小額短期保険会社ミニンシュラー
女性特有の病気に特化した医療保険

●無料の資料請求ならネットから簡単にできます
医療保険比較の保険市場

●ファイナンシャルプランナーが訪問してくれて保険相談が何と今無料。最大手「マンモス」

<<参考データ>>~日本で利用保険を提供している会社一覧~
全労災/都民共済/アフラック/オリックス生命/ソニー損保/三井ダイレクト/チューリッヒ生命/アクサダイレクト/損保ジャパン/損保ジャパン DIY生命/チューリッヒ/あいおいニッセイ同和損害保険/ジェイアイ傷害火災/セコム損害保険/そんぽ24/富士火災海上→メール窓口なし/三井住友海上→医療保険なし/三井住友海上あおいい生命/三井生命→メール窓口なし/AIU保険会社→メール窓口なし/エース保険/SBI損害保険→自動車保険のみ/アニコム損害保険→ペット保険_COOP共済_都民共済/フェミニーヌ/ライフネット生命保険_メディケア生命_エース保険/アリコ他

※ネットの口コミ(くちこみ)や人気度や評判(おススメ)、医療保険のランキング情報からの情報収集だけでわ分かりづらい、終身や医療特約、高度先進医療についてなど色々悩みが多い場合は、「保険市場」や「保険の窓口」、「保険見直し本舗」など、最近中立的な立場から保険の相談にのってくれる、無料の来店型保険ショップに行くのも手です。

※次回の記事では、これまた良く質問にある、妊娠したときの失業保険、雇用保険の申請方法、手続き、保険料のもらい方、給付対象者、必要書類、についてお答えします。海外出産、アメリカでの出産などでの手当金についても。


妊娠発覚後(妊娠中)でも医療保険に入れるの?医療保険に入る方法(加入方法)と、保障内容の比較・選び方を各保険会社への問合せを元にアドバイス
Return Top